スポンサーリンク

NHK受信料の値下げ金額はいくら?過去の推移では70円説が濃厚

NHK受信料値下げはいつ?エンタメ

NHK受信料の値下げされることが、発表されましたね。

NHK受信料に関しては、何かと話題になることが多いので関心がある方も多いと思います。

受信料が下がるってどれくらい下がるのか?

受信料が下がるのはいつからなのか?

気になる内容をまとめてみました。

本内容はWEB上から入手できる情報源をもとに内容をまとめています。
情報の正確性には注意していますが、私独自の解釈・予想も含まれています。
本情報はいち解釈として捉えていただきますようお願いします。

スポンサーリンク

NHK受信料の値下げ金額はいくら?

NHK受信料値下げはいつ?

NHKの受信料値下げに関する報道は以下のとおりです。

正当な理由なくNHKの受信契約を結ばない人への割増金徴収や、受信料値下げのための積立金設置などの内容を含む、電波法および放送法の改正案が参議院で可決された。

それでは、値下げ金額はいくらになるのかみてみましょう

NHK受信料の値下げ金額・70円説

NHK受信料値下げはいつ?

今回のNHK受信料値下げ報道で、下がる金額は70円の可能性がありそうです。

ではその理由について、過去の受信料推移からみてみましょう

NHK受信料値下げ額はいくら?

出典:NHK受信料制度等検討委員会 第一回議事

ん〜。

表を見ても何が何だかよくわからないですね。

そこで、過去33年間の受信料の変化をまとめてみました。

地上契約の受信料月額(継続振込の場合)
1989年:月額1020円
1990年:月額1320円(300円値上げ
1997年:月額1345円(25円値上げ)※消費税3%→5%
2012年:月額1275円(70円値下げ
2013年:月額1310円(35円値上げ)※消費税5%→8%
2020年:月額1275円(−35円値下げ)※2019年・消費税8%→10%
衛星契約の受信料月額(継続振込の場合)
1989年:月額1950円
1990年:月額2250円(300円値上げ
1997年:月額2290円(40円値上げ)※消費税3%→5%
2012年:月額2220円(70円値下げ
2013年:月額2280円(60円値上げ)※消費税5%→8%
2020年:月額2220円(60円値下げ)※2019年・消費税8%→10%

NHK受信料値下げはいつ?

過去33年間の値下げ幅をみると一回の値下げは額は

地上契約:35円〜70円
衛生契約:60円〜70円

となります。

そう考えると今回の受信料値下げ額は多くみても70円の値下げになると予想するのが妥当かなと思います。

スポンサーリンク

NHK受信料の値下げに対する世間の反応

NHK受信料がいくら値下げされるのか、Twitter上でも気になる方が投稿されています。

やっぱり、値下げと聞くと気になりますよね。

NHK受信料の値下げはいつから?

NHK受信料値下げはいつ?

では、NHKの受信料が値下げされる時期はいつ頃なのでしょう?

これも過去の受信料の変更があった時期から予想してみました。

2019年10月に消費税が8%から10%になったタイミングでNHKは受信料を改訂せず、据え置くことを発表されています。

NHK受信料値下げはいつ?

そしてその一年後の2020年10月に地上契約、衛星契約を2.5%引き下げ。

消費税率引き上げが行われる2019年10月に受信料額を改訂せず、地上契約と衛星契約を実質2%値下げ
2020年10月から、地上契約と衛星契約を2.5%値下げ
(参考:NHK経営計画(2018-2020年度)修正版(*3))

ここ数年の受信料改訂タイミングをみると10月に見直しが入ることが、わかりますね。

ただの偶然なのかもしれませんんが、2度あることは、なんとやらでもしかすると10月に受信料の改訂があるのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

NHK受信料に関しては、何かと話題になることが多いので関心がある方も多いと思います。

受信料が下がるってどれくらい下がるのか?

受信料が下がるのはいつからなのか?

気になる内容をまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました