段原一詞の恫喝音声がやばい!秀岳館高校の暴行事件まとめ

段原一詞の恫喝国内

熊本県の秀岳館高校男子サッカー部で、コーチが生徒に暴力を振るったことが問題になっています。

この件に関して、サッカー部の監督である段原一詞(だんばらかずし)さんが嘘をついていた事でさらに世間を騒がせましたね。

そこで今回は、秀岳館高校の暴行事件まとめや段原一詞の恫喝音声についてご紹介いたします。

段原一詞の恫喝音声がやばい!生徒を加害者扱い

段原一詞の恫喝

騒動である、段原一詞(だんばら かずし)監督の恫喝音声がこちらです。

この音声は、秀岳館高校の生徒から独自入手されたものだそうです。

第三者がこの音声を聞いたら脅しですね。

音声内容のポイントは

・生徒を加害者にしている
・弁護士に訴えると脅している
・被害者は自分
この音声が録音したのは4月22日。
監督の発言は、動画を流出させた生徒を守るどころか、法的処置を匂わせているので教育指導からかけ離れた印象がありますね。
全内容は以下の通りです。

今回の件に関してはしゅうや (暴行を受けた生徒)が被害者やな
西森とかえでは関係ねえよな
西森とかえでは加害者だ俺たちに対する
だから俺たちは被害者 意味わかる?
でも完全な被害者は多分俺だけ完全な被害者は
俺がお前訴えたらどうする?
世の中ねそうなるよ
かえでと西森はなんも関係ない
俺がお前な、 迷惑かかっとる完全に
俺の仲間の弁護士たちに俺が被害を受けたいうてが西森とかえでを訴えたらどうするか?
やられんやったらわかるで
世の中にでて
しゅうやは被害者や
西森とかえでは加害者 被害者じゃない
謝って済む問題じゃないこれだけの騒ぎになって
それは間違うなよ
なっ? 損害賠償請求ってな話になるだろう
俺たちが被害を被った分全部世の中に出て訴えられる

段原一詞がテレビ番組「スッキリ」で涙ながらの謝罪

その音声が録音された3日後の4月25日に、段原一詞(だんばら かずし)監督は、日本テレビ系・朝の情報番組「スッキリ」に出演されて涙ながらに今回の騒動に関する謝罪をしています。

あれっ?

先ほどの音声とはまったく違う発言をしていますよね。

先ほどの音声では、自分は被害者で生徒は加害者とまで発言。

番組出演時は、「責任は全てわれわれ大人にあります」と涙ながらの謝罪。

番組出演までになにかあったんでしょうか?

段原一詞・秀岳館高校の暴行事件時系列

4月20日
第三者からの連絡があり、学校側がサッカー部の寮内で部員が30代の男性コーチから殴る、蹴るの 暴行を受けている動画が拡散している事実を確認。

4月22日 選手11人がサッカー部公式ツイッターに経緯説明の動画を投稿して、謝罪を行った。 学校関係者の姿はない動画だった。

4月21日
県警が学校を訪れて、3人の事情聴取

4月22日
選手11人がサッカー部公式ツイッターに経緯説明の動画を投稿して、謝罪を行った。 学校関係者の姿はない動画だった。

段原一詞の恫喝

4月23日
謝罪動画は再生回数100万回を超えたが、削除された。 23, 24日のリーグ戦6試合が延期になる。

4月25日
学校は、学年ごとの集会を開いて、 合計3時間にわたって生徒約1000人に事情を説明。 段原監督はテレビ生出演で一連の騒動を謝罪。 一方で、暴力動画を拡散させたとされる部員人を加害者扱いし て、強い口調で責める、音声がツイッターに投稿される。

4月22日 選手11人がサッカー部公式ツイッターに経緯説明の動画を投稿して、謝罪を行った。 学校関係者の姿はない動画だった。

4月26日
学校が、ツイッターの音声について、同監督の不適切発言だったことを認めて、謝罪。また暴行を コーチが、すでに退職願を提出していたことが判明。ただ学校側は警察が捜査中であるため に、その扱いを保留している。
また、暴力を受けている動画を拡散させたとされる部員2人に不適切発言を行ったとして、一監に自分が下されていたことが判明。

5月4日
保護者への説明会を実施

段原一詞の恫喝

まとめ

熊本県の秀岳館高校男子サッカー部で、コーチが生徒に暴力を振るったことが問題になっています。この件に関して、サッカー部の監督である段原一詞(だんばらかずし)さんの恫喝音声や、秀岳館高校の暴行事件についてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました